2016年11月30日水曜日

法令遵守(細かいこと)

大和市では、11月に文化創造拠点シリウスという施設をオープンしています。総事業費が約150億円(大和市民が23万人とすると一人あたり約6万5千円)、指定管理料が年間約8億円(同じく一人あたり約3,500円)だそうです。

鉄筋コンクリート造の建物の耐用年数は50年とされているので、総事業費を耐用年数で割ると市民一人一年あたり約1,300円。年間の指定管理料と足すと、市民一人あたり年間約4,800円のコストがかかっている施設です。大規模修繕などが必要になったら別途コストがかかります。

そんな施設の最寄り駅からの所要時間ですが、公式サイトでは徒歩3分とされており、担当部署から各部署宛に送信されたメールでも「大和駅から徒歩3分」で統一するよう連絡がありました。

公式サイトにはgoogleマップへのリンクも張ってあり、そのリンクから大和駅までの徒歩による所要時間を検索すると、徒歩6分と出ます

また、不動産業界での一般的なルールとして「不動産の表示に関する公正競争規約施行規則」というものがあり、「第5章 表示基準 第10条 物件の内容・取引条件等に係る表示基準」には徒歩○分というときには分速80mで計算すべし、端数は切り上げて表記すべしという基準があり、450mだと5分37.5秒→切り上げて6分ということのようです。

逆に大和駅の改札口から徒歩3分(=240m)の距離の円を描くと、直線距離ですら施設にかかりません

「駅徒歩3分」では一般的な不動産業界のルールからは逸脱し、さらにそのルールに代わるような他のルールがない以上、ある意味不当表示といっても過言ではないかと思います。そのお達しを出す前に誰も気付かなかったのか、気付いても何も言えなかったのか。重大な過失又は故意によるルール違反と言えるでしょう。些事ではありますが、こういう小さいところに現在の大和市役所の体質が透けて見えてきます。

なお、PHP総研の政策提言「自治体公共施設の有効活用 ~コスト情報から始めるハコモノのバリューアップ~」は自治体職員必読かと思います。市長・副市長・全部長が集まる会議でシリウスオープン後に「シリウスを見てどう思ったか」「シリウスの活用法」をペーパーにして提出せよという宿題が市長から全部長に出されていることを知って個人的にとても寂しい気持ちになりました。